生産者紹介

最低限の薬剤(抗生物質など)の使用、非遺伝子組換飼料使用の他、

かね光独自の基準で厳選した生産業者さんより仕入れをしています。
鶏肉は、と体で仕入れ、店内で加工処理しています。

豚肉

有竹養豚場 三元豚

生産 三重県四日市市
特徴 非遺伝子組み換えの飼料
抗生物質 子豚のころに最低限の使用にとどめる
活性水 光合成細菌、土壌菌、トルマリン石、セラミックなど使用
肉の臭いをなくし、免疫力を高める
薬品の使用を最低限にとどめる

 

450~500頭の三元豚を、80%リサイクル飼料で飼育しています。
光合成細菌、土壌菌、トルマリン石、セラミック等を使用した活性水を飲ませることで、
(1) 肉の臭いを無くし免疫力を高めることが出来る
(2) 薬品の使用量を最低限にとどめることが出来る
こんな工夫で、安全安心な豚肉を生産するよう心掛けています。
有竹さんが育てた豚を、かね光が内臓の健康状態を確認してから、精肉加工しています。

 

妊娠期間114日。1度に10匹くらい生まれます。産まれたての仔豚は生まれて1ヶ月間母乳で育てます。母乳から免疫をもらいます。

 

かね光の要請

豚の飲み水を変えてもらい、飼料もメーカーからもらって調べて、遺伝子組み換えでないことを確認しました。唯一、大豆タンパクが気になったので、落花生カスに代えてもらいました。仔豚は離乳食のときだけ、飼料に抗生物質を使っているそうです。豚肉の脂身が減り、美味しくなりました。

手作りハムの美味しさ

かね光の手作りハムの美味しさの秘密は、ずばり三重の有竹久志さん(有竹養豚農場)が育てた豚にあります。
飼料は小麦粉・トウモロコシでん粉(非遺伝子組み換え)・芋でん粉・じゃが芋・米粉・落花生粕を中心に配合しています。小麦粉や芋でん粉を使用すると、脂肪に甘みがつきます。芋でん粉は薩摩の黒豚の飼料にも採用されており、肉においしい歯ごたえを生み出します。

愛情をこめ健康的に育成することで、肉臭をなくし、免疫力を高め薬品をほとんど使わずにすませています。30kg を超えてから出荷するまでは、薬品をまったく使用していません。

こうやって、手間ひまかけて育てられた豚だから、臭みのないお肉になるのです。臭みのないお肉だから、塩とこしょうだけでハムを作ることができるのです。

また、かね光では有竹さんの育てた豚肉を店頭でも販売しています。

鶏肉

つくば茜鶏 (ツクバアカネドリ)

生産 茨城県
仕入れ 内外食品
特徴

飼料は動物性原料を使わず純植物性で育成
抗生物質や抗菌剤を使わない、特別飼育鶏
特有の臭みがなく、ジューシー

飼育方法

平飼い

飼料内容

純植物性飼料、遺伝子組換フリー(主原)、PHF(主原)、抗生物質・抗菌剤無投与。
ビタミンEが豊富

 

自信をもってお勧めできる“おいしい鶏肉”だからこそ、飼育方法や飼育密度などにはこだわり続けています。
純植物性飼料で育てられているため鶏臭さはありません。そして『つくば茜鶏』の最大の特徴は肉細胞の密度のきめ細かさです。
ビタミンEが多く含まれ、強力な酸化防止能(抗酸化能)を有しています。その効果により、肉汁に含まれる肉の旨味成分を逃さず、ドリップ発生割合が低いという特徴があります。
飼育期間は70日前後。通常のブロイラーは55日前後。歯ごたえが変わってきます。
フランス産のレッドブローという鶏種です。

牛肉

鳥取県、鹿児島県、宮崎県産の牛肉

脂が少めのA4クラスのモモ、肩肉を主に取り扱っています。
経産牛も仕入れています。
経産牛は、子牛を産むまで抗生物質の投薬の量が少ないため、安心です。また、経産牛は脂肪が少なく肉に旨みがあっておいしいと評判です。